Windows 8でウィルス対策ソフトウェアの存亡が心配

Windows 8にウィルス対策ソフトウェアをれなきゃ、と思っていたけど、Microsoft Security Essentialsはインストールできないという情報を発見。buildでもらった端末で、わざわざライセンスを当てはめるのももったいないなと思ってどうしようかと悩んでいたところ、Windows 8のWindows Defenderがウィルス対策もしてくれると聞いて、安心しました。(どんだけ無頓着?)

これは、直接なんとかバスターとか、なんとかセキュリティという製品を出しているベンダーの経営に悪影響を及ぼす大問題で、Microsoft Surfaceがハードウェアベンダに与える影響よりも格段に大きいように思います。
ハードウェアの場合は、デザインやパーツ組み合わせのチョイスなどで、かなり好みの部分が多いため、標準品がよくても、それほど影響は無いと思うのですが、ウィルスソフトなどは、一般の客から見れば、あるか、ないか、の違いくらいしか無いわけで、これがすでにOSにバンドル、ということになると多くの人の目には、消えていった過去のアプリケーション(Netscapeとか)が思い浮かぶことでしょう。

Windows 8のMetroスタイルアプリケーションは、Windows Phoneのアプリ配信サイクルと同じように、非常に厳密なセキュリティ担保の仕組みにより、端末側はウィルス対策さえいらない状況ともいえるかもしれません。
Phoneとは違い、ネイティブ環境を許している状況から、危険度はより高いとはいえますが、これまでよりははるかにウィルス対策の必要性自体も減少すると思います(デスクトップ環境がないWindows RTでは特に)

このような状況でウィルスソフトをOSにバンドルするのは、水平分業で仲良くやっていたセキュリティソフト企業に対して悪影響を及ぼすことはあっても、メリットは無いように思います。
Microsoft Surfaceの前のポストで書いた、リファレンスデザインという議論はここでは当てはまらないと思いますので、Microsoftが、これまでのエコシステムを崩すことに、対応するようなメリットがどこにあったのか、これからわかるのでしょう。

長文失礼しました。

NokiaのWindows Phone 8は、とんでもないものになる。

Nokia’s Windows Phone 8 handsets to be “incredible”

The new generation of Windows Phone 8 handsets expected at the end of the year are of course expected to have “incredible” specs compared to current handsets, with dual core processors and HD screens.

ノキアの社員が、Nokiaが開発中のWindows Phone 8は、現在のLumiaシリーズとは全く異なり、信じられないほどすごいものになる、といっているようです。

それが、デュアルコアとかHDスクリーンとか、ハードウェアのスペックの話なのか、新しいOSとNokiaのアプリケーションの融合なのか、はたまた、WP8そのものの機能のことなのかはわかりませんが、現状WP7よりN9の方を好んでいるこの社員が、このように賞賛しているというのを額面通り受け取ると、相当アグレッシブな進化が見られるのではないでしょうか?

ソニー ブルーレイレコーダーBDZシリーズの大型アップデート

ブルーレイレコーダBDZの現行機種のアップデートが発表されました。パナソニック、東芝に対して唯一ビハインドな点が目立った、外部USBハードディスクへの対応が向上され、ほぼ互角の性能となったようです。具体的には、USBHDDから直接ブルーレイへのダビング、モバイルやPCからの録画予約時にUSBHDDを指定できるようになったり、かゆいところに手が届くアップデートといえるようです。

残念ながらソニールームリンクからUSBHDDが指定できない点はまだ改善されておらず、ライブ配信対応を優先させたようです。今後対応を期待したいですね。

ソニーの発表

 

ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-AX2700T/AT970T/AT950W/SKP75/AT770T/AT750W/AT350S」
新機能追加と機能向上のためのソフトウェアアップデート開始のお知らせ
日頃より、ソニー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-AX2700T/AT970T/AT950W/SKP75/AT770T/AT750W/AT350S」
を対象に、新機能の追加、および機能向上のためのソフトウェアアップデートを、2012年3月28日(水)より放送ダウンロードにて開始いたします。

– 記 –

【対象製品】
BDZ-AX2700T/AT970T/AT950W/SKP75/AT770T/AT750W/AT350S
【ソフトウェアの放送ダウンロード期間】
2012年3月28日(水)~2012年9月30日(日)
【追加される新機能・機能向上】

地上デジタル/BS・110度CSデジタル放送のリピート放送番組の『二度録り回避』機能を追加

外付けUSBハードディスク(HDD)との連携機能を向上

『ソニールームリンク』対応の液晶テレビ<ブラビア>、「プレイステーション 3」、パーソナルコンピューター VAIOへの放送中の番組の配信機能を追加

検索した番組の並べ替えができる『番組名ソート』機能を追加

市販ソフト(BD/DVD)の『早送り・早戻し』の動作を向上

その他の機能改善
①※1 スカパー!HD放送については、商品発売時より対応済み。
※2 商品発売時より対応済み。
【追加される新機能・機能向上の詳細】
●地上デジタル/BS・110度CSデジタル放送のリピート放送番組の『二度録り回避』機能を追加

『x-おまかせ・まる録』や『番組名予約』の自動録画機能に、地上/BS/110度CSデジタル放送のリピート放送番組の重複録画を回避できる専用アルゴリズムを搭載します。たとえば、連続ドラマなどの同一話※3が繰り返し放送されても、重複録画を避けて効率よく録画することができます。本機能は「BDZ-SKP75」のスカパー!HD放送専用機能として評価をいただいておりましたが、今回のアップデートにより、地上/BS/110度CSデジタル放送にも対応を拡大し、全機種でお使いいただけるようになります。

※3
同一タイトル名で、タイトルに「第2話」「#2」など、話数がタイトル情報として付与されている番組のみ適用されます
●外付けUSBハードディスク(HDD)との連携機能を向上

外付けUSB HDDに録画した番組をBD・DVDに直接ダビングすることが可能になります。また、BDに録画した番組を、外付けUSB HDDにムーブバック(書き戻し)することができるようになります。
さらに、外出先からスマートフォンやタブレット、PCから録画予約ができるウェブアプリ「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」※4とも連携が可能になります。録画予約をする際に録画先として「外付けUSB HDD」を選択したり、外付けUSB HDD内の番組タイトルの確認や消去したりすることができるようになります。

※4
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国Rovi Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
●『ソニールームリンク』対応の液晶テレビ<ブラビア>、「プレイステーション 3」、パーソナルコンピューター VAIOへの放送中の番組の配信機能を追加

『ソニールームリンク』対応のブラビア、「プレイステーション 3」、VAIOをホームネットワーク(LAN)でつなげば、BDレコーダーで受信している放送中の番組を別の部屋で視聴することができるようになります。※5例えば、BS/CSデジタル放送のアンテナ環境のない部屋でも、放送中の番組をお楽しみいただけます。※6

※5
放送中の番組は、本機の全てのチューナーが録画に使用されている場合や本機の電源が入っている状態、かつ2番組録画中(BDZ-AT950W/SKP75は録画中)の場合は配信できません 。
※6
対応する製品は、右記のURLで確認することができます(http://www.sony.jp/support/dlna/)。
2011年夏以降発売のVAIOにプリインストールされているVAIOホームネットワークビデオプレーヤーでの本機能の対応は現時点で未定です。
●検索した番組の並べ替えができる『番組名ソート』機能を追加

キーワードなどで検索した番組を検索結果画面で、従来の日付順に加え、番組名順で並び替えが可能になります。録画予約したい番組をよりスムーズに見つけることができ、シリーズ番組をまとめて録画予約することが簡単に行えるようになります。

●市販ソフト(BD/DVD)の『早送り・早戻し』の動作を向上

市販のBDやDVDソフトの再生中の『早送り』、『早戻し』時に、コマ数を増やすことで、早送り、早戻し中の画面をよりなめらかに表示します。

Windows Developer Preview 端末に Windows 8 Consumer Previewをインストールする。

結果的には、上書きインストールを行いましたが、少し注意点があったので書いておきます。

外部メディアからの起動ができない?

SamsungのDeveloper Preview端末は、EFIで高速起動するマシンなのですが、外付けのDVD-ROMなどからインストールしようとしても、そもそもブート時に読みに行ってくれません。BIOS設定をする方法をいろいろ探しましたが、Samsunのヘルプに出ているように、Startボタン+電源ボタンで起動という方法では、修復セットアップになってしまい、起動デバイス順の変更などはできませんでした。

インストーラプログラムからアップデートするには20GBの空き容量が必要

これは仕様なのですが、インストーラが準備する領域のために20GBを確保する必要があります。上書きのアップデートの場合もこれだけ必要です。Developer PreviewはSSDで、容量は少な目なのでたくさんアプリを入れてしまった人はこの際リセットをかけてしまってもよいでしょう。

ユーザファイル以外のアプリケーションなどは引き継がれない。

従来のアップデートや電話のように、上書きのアップデートでアプリを引き継いだままインストールできるわけではなく、引き継がれるのはユーザデータ(ライブラリ内のデータ)のみです。インストーラを走らせると、互換性チェックで、ハードに加えてアプリケーションも見てくれるので、てっきりアプリも引き継がれると思っていたら、そんなことはなかったようです。

Developer Previewにあったアプリでなくなるものもある。

特に学生インターンが作ったゲーム群、Facebook、Twitterアプリがなくなるので、少しさびしい感じです。それよりも標準のアプリの方が有用であるため、あえて入れなくてもよかったのかもしれませんが、できれば復活させてほしいですね。

それにしても、Developer Previewに比べてかなり安定して動いているので、BUILDでもらったはいいが、寝かしている方も、ぜひこの機会にアップデートして、開発に使ってみましょう。

ThinkPad X200 TabletにWindows 8 Consumer Previewを入れる

lenovo Think Pad X200 Tablet に、Windows 8 Consumer Previewをインストールしてみました。Windows 7にVHDドライブを作成してのデュアルブートインストールはスムーズで簡単でした。

Tablet PCをWindows 8 Slateとして使用するには、タブレットPC用のタッチパネルドライバが必要です。Windows Updateで提供されるとの情報もあったのですが、どうもUpdateの中には含まれませんでした。そこで、通常のWindows 7用ドライバを探してインストールしてみたものの、認識しなかったりして、うまくいきませんでした。どうやら、探してみると、X200用のMultiTouchドライバーは複数存在し、どれが適切に作動するのかはわかりませんでした。一応以下のうち1つだけ成功しました(どのドライバか定かではないです)。

また、ドライバーはインストールできたものの、Tablet PC用のドライバでは、メトロUIの利用時のコンテキストにあった動きをせず、あくまでマウス扱いになってしまうようです。X200はTransformerやYogaのようなアクロバティックな画面レイアウトを楽しめる筐体だけに、ぜひともWindows 8用のドライバを提供してもらいたいですね。

ThinkPad MultiTouch ドライバー (Windows 7) – ThinkPad X200 Tablet

バージョン:
Ver.3.0.B1 -ThinkPad MultiTouch ドライバー
3.0.0.4 (MultiTouch ドライバー)
-1.2.0.0 (Touch Panel ドライバー) (32 ビット)
-2.5.1.0 (Touch Panel ドライバー) (64 ビット)
-2.8.0.5 (Wacom Penabled Dual Touch)
-ThinkPad Enhanced Multitouch ドライバー
3.0.7.2 (Touch ドライバー)
-3.0.2.1 (WACOM Two Fingure Touch)

リリース日:
2010/03/16

ThinkPad マルチタッチ ドライバー (Windows XP/Vista/7) – ThinkPad T420s/W510/W520/X200 Tablet/X201 Tablet/X220 Tablet

バージョン:
Ver.7.0.2.19 (パッケージ)
Ver.1.4.3.2 (Virtual Touch ドライバー)
Ver.1.4.3.2 (Virtual Touch インターフェース)
Ver.2.9.2.4 (Wacom Virtual Hid ドライバー)
Ver.1.2.2.0 (Wacom マウス)

リリース日:
2011/04/28

MultiTouch ドライバー (Windows 7/Vista) – ThinkPad X200/X60 Tablet/X61 Tablet

バージョン 3.0.0.3

28 Dec 2009

Windows 8 Consumer PreviewをVHD領域にインストール

いよいよリリースされた、Windows 8 Consumer Previewのイメージを早速、Lenovo ThinkPad X200というタブレットPCにインストールしました。

このPCは仕事で使うので、現状のWindows 7環境は汚したくありません。Windows 8 CPのインストール方法としては以下の2つが提供されています。

VHDブートを行うには、ISOイメージでブートして事前にVHD領域を確保する必要があるため、ISOイメージを作成します。

VHD領域の確保は以下のような方法を使いました:

Windows Developer Preview、VHDブートでプレビュー

Windows 8のISOブート後、初期画面でShift+F10でコンソールが現れるので、コマンドラインでVHD領域を作成するようです。この辺はGUIで何とかできるようにしてもらいたいですが、まあそうしょっちゅうやることでは無いので良しとしますか・。

VHDへのインストールは比較的早く終わり、リブート後は通常のパーティション分割をした場合と同様にブート画面で既存のWindows 7とWindows 8 Consumer Previewの選択ができるようになります。これはこれまでのコマンドライン形式ではなく、グラフィカルな選択画面が現れます。

また、起動時や壁紙で登場する金魚が気になるのですが、何か由来があるのでしょうか?

Windows-8-cp-1-003-800

Windows 8 Consumer Preview hands-on

Metro親分、Windows 8 Consumer Preview 現る

バルセロナMWC 2012のWindows 8ベータ発表イベントにて、Windows8のConsumer Previewが発表されました。同時にダウンロードも開始され、すでに多くの方がWindows 8のメトロUIを体験されています。以下Vergeの記事より抜粋です。

Windows LiveはMicrosoftアカウントと改称され、SkyDriveを自由に使えるMetroアプリも搭載されたようです。

SkyDrive上のオフィスドキュメント。

アプリケーション群。FacebookやKindleなどメジャーなものも含まれます。Markeplaceはプレビュー期間中は無料だそうです。

Consumer Previewの特徴。Windows Store, クラウドへのアクセス、IE10,ハードウェア対応など。

CESで紹介されていたレノボのYogaスタイルのハイブリッドタブレット。

86インチタブレット!!!

Consumer Previewの配布。100,000の改良点があること、英語、ドイツ語、フランス語に加え、日本語、中国語がこのタイミングで配布、 Visual Studio 11 Betaが配布されることなど。次のマイルストーンはCeBITでのRCになる。