Windows Phone 8にはKinectが搭載される?

どうやらWindows Phone 8には、Kinectが載るぞ、という噂があります。

Windows Phone 8にKinectを統合する計画が進行中 – ガジェット通信

kinectedwp7

過去にも、Kinectの一部機能をWIndows Phone 7に搭載するという噂はいくつかありましたし、端末のローンチ以前から様々なデモが披露されていました。


Windows Phone 7のXbox360との融合はこれから

Windows Phone 7 用 KINECT (アプリ提案)

Kinect and Windows Phone brings WALL-E in 3D to our living room

これらは、Windows Phone 7のモーションセンサーと、Xbox360 KinectのゲームとをWifiでつないで遊ぶというもので、KinectそのものをWindows Phone 7に載せるというのとは少し異なりました。

元記事のVR-ZONEを読むと、以下のようにIRカメラは流石に搭載されないから、十分な照明下でのみの利用になりそうだということ。ジェスチャー認識で、電話を触らずとも操作ができるということでしょうか?

“Kinect has three cameras, one of which his infrared. We can’t put an IR camera on a smartphone, and without it, NUI won’t work in dark.”
Read more: http://vr-zone.com/articles/microsoft-to-bring-kinect-ui-with-windows-phone-8-/15500.html#ixzz1vhiW7HVS

音声認識については、Windows Phone 7にて、すでにKinectと同一の起源であるTellMeの技術が搭載されていますが、マイクアレイを使った音声の方向の検出などが行えれば一味違ったアプリが可能かもしれません。


具体的にどのようなアプリケーションがあるのかは、不明ですが、いくつかの手がかりがあり、Twitterでも書いた通り少し妄想してみます。


1) NokiaのWindows Phone 8は、とんでもないものになる。

ノキア社員からの情報ですが、特にこれといった手がかりでも無いです。ただ、WP8はWP7に比べ、現状定説になっているアップグレード項目(デュアルコア、ネイティブアプリ、NTカーネル、NFCなど)よりも、インパクトのあるエポックなフィーチャーであることが予想できます。これは上記のKinect統合なら納得いきます。


2) Windows Phone次のコードネームはApollo


NoDo, Mango, Tangoと末尾がOシリーズで来ているだけのようですが、NoDoはDonuts(Android1.6)、MangoはAppleへの対抗という含みを持ったコードネームでした。Apolloは特にそのような含みをもっているという記事は見たことが無いです。Apolloは昔のワークステーションの名前で仮想的はSun(Oracle)? とか、ニンテンドーDSのコードネームはNitroで、かつPowerPCの歴代コードネームでApollo > Nitroの関係にあるとか、そもそもXperia Play (PSP携帯)のコードネームはApolloだったとか、邪推はできますが、やはり由来というには難しいです。


3)Alleged Nokia poster template reveals Windows Phone 8 branding

PhoneArenaの上記記事によるとNokiaはWindows Phone 8の新しい端末にたいし、

“Breaking the limits since 1865”

と、かなり派手な改良を施すとみられるスローガンを掲げています。前述のWP8リーク情報による、現在のAndroid4.0端末を並行移動したようなスペックなどではなく、Kinect搭載などの革命的な使い方の変化を思わせる記述だと思います。

1865年というのはノキアの創立時期だそうですが、電話の発明もこの前後でした。そう考えるとこの”limits”は電話の発明以来の制限ともとれるかもしれません。

たとえばXbox360でKinectを使った通話を行うと、会話している人間をハイライトしたりするらしいですが、そのような話者選択の機能をWP8が搭載したりするということも想定できますし、3次元で復元された相手が裸眼立体視ディスプレに表示されるとか、色々想像できます。以前Microsoft Researchによる以下のようなモバイルデバイスの提案がありましたが、

Microsoft、手のひらや机をタッチスクリーンにする「OmniTouch」を発表

、「PocketTouch」も公開した。これは、ポケットの中のスマートフォンを画面を見ないで操作可能にする。たとえば、スマートフォンの音量を下げたいとき、側面の音量調整ボタンを手探りで探し当てて操作するのは面倒だ。PoketTouch を利用すれば、服の上からスマートフォン画面をピンチイン/ピンチアウトするだけで、音量調整が可能になる。

これらは、どちらかというと、電話ハンドセットを持たなければ使えないという物理的な制約を解消する方向性のアイデアだと思います。上記のことから結論づけた私の想像は、

Kinectで培われた、3次元人物認識技術と、マイクアレイを利用し、ハンドセットを密着させなくても、きれいな音声を入力でき、かつ音声出力としてパラメトリックスピーカーを利用して離れた場所にある耳へ向けて指向性の高い音波を発信する、すなわち、機器無しハンズフリーUI。こ
により通話中もスマートフォンの機能を、利用可能になる。

なんだか地味といえば地味ですが、ゲームではなく実用的なKinect技術の利用方法ではないでしょうか?–妄想閉じ–

Windows 8で動くWindows Phone7ゲーム

Windows Phone 7のゲームAlphadropsの作者である、Rick Walrondが、同ゲームをWindows 8タブレットに移植してデモを行ったようです。

現時点では、Windows Phone 7のアプリがWindows 8でそのまま動くというのは噂でしかなく、Windows 8への移植の難易度についてもわからない状況でした。実際にポーティングを行い、マーケットプレイスへの登録までそれほど難しくなかったとの報告がなされたことで、今後より大きなマーケットである、Windows 8 MarketplaceへのWindows Phone 7アプリの投稿が加速するでしょう。

ソース WMPoweruser

Windows Phoneゲーム プログラミングWindows Phoneゲーム プログラミング
著者:田中 達彦
販売元:ソフトバンククリエイティブ
(2011-10-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

次世代Xbox

各所でXbox360のニューモデルの噂が飛び交っています。来年2012年のホリデーシーズンに、発売されるというものですが、Play Station 4のようなフルモデルチェンジというよりも、Microsoft TV(Xbox TV)ともいえるXbox Liteのような軽量版というイメージが見え隠れしています。

Microsoft reportedly preparing a new Xbox model for 2012, designed for Windows 8

The new Xbox 360 model would launch in time for the holiday season of 2012 and will reportedly be designed with Windows 8 in mind.

“I think the rumors are based upon leaks about modifying the current Xbox 360 to allow it to operate Windows 8,”

とあるように、Windows 8にタイアップさせて来るのは濃厚です。

コードネームLoopという名称で以前から噂背れていたものと時期的にはずれるのですが、噂の内容は一部混ざっているようです。

Loopの予想仕様は、以下のような形です。

  • 6コアCPU(メイン、AI、物理演算、サウンド、ネットワークなどの補助コア付)
  • ARMアーキテクチャ
  • DDR3 2GBメモリ
  • GPUはAMD
  • Windows 9ベース

次世代Xboxの噂再び、今度は具体的な本体スペックまで

噂:次世代Xbox・通称「Loop」はWindows 9を搭載。現行機より小さく、安価に – Kotaku.jp

Windows 8と連携した、という憶測ですが、Windows 8のXbox Live機能と連動というのが主眼と考えると、もしかすると、Xbox 360のフル機能でなく、Xbox Liveの機能のみ(ライトゲーム?)を搭載した、セットトップボックス的な軽量小型端末を出してくるのかもしれませんね。Windows 8, Windows Phone 7と同等の実行環境で、対戦などを行うというのが、狙いなのかもしれません。

それとは別に次世代端末LOOPもコアゲーマー向けに開発中というところでしょうか。

12/6になりそうなダッシュボードアップデートで、Metroデザイン投入で一気にダッシュボードのメディア端末化が進んでいくわけで、IP TV、VOD用のセットトップボックス機能主体端末が出るというのはApple TV, Google TVなどの動向(必ずしもこの辺は成功しているとは言えませんが)を見ても、十分ありそうな展開ですね。

Xbox 360 秋のダッシュボードアップデート

いよいよ、今秋金曜日(25日)のXbox360秋の大アップデートが近づいてきましたが、この辺でまた異なる情報が出てきました。

Xbox 360 dashboard update goes live Dec 6

Microsoft‘s new Xbox 360 dashboard, integrating Kinect into navigation and bringing the UI in line with Windows Phone and Windows 8, will hit consoles on December 6, the company has announced.

来月に持ち越される、という情報です。まあ、それほど大きく遅れるというイメージではないですが、ベータテスト中に問題が発覚したのでしょうか?

某掲示板では、YouTubeは日本版にはないとか、Bing検索すらない、とかいろいろ書かれていますが、どれもソースは不明のようです。

Unsung Heroes – Xboc 360 の秋の大アップデートは11月25日

に書いたように、金曜日のアップデートは複数のサイトで指摘されていました。

また、はこまるぷらす+によると、新生インサイドXboxの収録が、秋葉原で24日に行われるようです。タイミング的には25日ダッシュボードアップデートというのも考えられるし、来月頭というのも同期しているといえますので、どちらになるかはちょっとわかりませんね。

【雑記】インサイドXboxは12月からリニューアル!来週11月24日に公開収録を開催です!

24日は前半と後半の2回にわたって収録が行われるそうです。観覧自由との事なので、いち早くインサイドXboxの新MCや新番組をチェックしたいという方はコトブキヤ 秋葉原館に集合です!

Windows Phone 7ユーザもこの日はコトブキヤに集まりましょう。

なお、今回アップデート後に期待されるUIの変更、サービス追加については、以下に書きました:

Unsung Heroes –Xbox 360の新しいダッシュボードはKinect対応

Unsung Heroes –Xbox360 が大幅刷新。Metroデザイン採用!

 

Xbox.comアップデート!

先週報じられたXbox.comサイトの更新が行われたようです。

マイクロソフト、「Xbox.com」を刷新へ–ソーシャル化を推進

Microsoftが近日中にゲームサイト「Xbox.com」の大規模リニューアルを計画している。ソーシャルネットワーキング機能を高めるほか、一部のエリアについては新たなユーザーインターフェース(UI)である「Metro」ベースのデザインに刷新する予定だ。

Xbox360本体のダッシュボードアップデートに備えた変更のようですが、こちらのサイトのソーシャルページにはすでにメトロUIが採用されています。といってもサイトの場合はUIというより単なるボタンのデザインではありますが、Windows Phoneユーザにとっては気分が盛り上がるところですね。

image

機能的には、これまで分散していたリソースを一か所に集めて再構成した、というイメージですが、オンラインゲームの対戦相手を見つけるための、この指とまれ機能”beacons”などが利用できるようになっています。

またこれまでXbox360コンソール側では搭載されていたVideoセクションでは、Zuneサービスをシームレスに利用できるようになって、さらに使いやすくなっています。

image

以下のように映画の解説を見たり、

image

プレビューを再生できたりします。

image

基本的にはZuneのサイトと同じような形になるようです。

今後本体のダッシュボードがアップデートされた際に、さらに新しい機能がアクティベートされる可能性はありますので、しばらく様子を見たいですね。

Xboc 360 の秋の大アップデートは11月25日

Report: Xbox Dashboard Update on 25 November

“Microsoft will refresh the Xbox 360’s dashboard on November 25, according to sources close to GigaOM.”

Xbox360のダッシュボードアップデートが11/25に行われるようです。
Windows Phone 7, WIndows 8に続いてxbox360もメトロスタイルのインターフェイスになり、さらに、アプリケーション開発もSilverlightを利用できるようになるかもしれません。

“The report also states that the new apps will be built, for the most part, using Microsoft Silverlight, an application framework used for writing and running rich internet applications.”

このLakeviewと呼ばれるフレームワークにて、ダッシュボード上に新たなアプリケーションを追加することは簡単になりそうです。

Xbox 360の新しいダッシュボードはKinect対応

ndows Phone turns into Xbox 360 remote control with new app

にあるビデオでは、以下のような機能が垣間見れます。

Xbox360 が大幅刷新。Metroデザイン採用!

などの記事でだいたいのデザイン、機能はわかっていましたが、今回かなり詳細まで見れるビデオが出たようです。

“Xbox bing”と言うと、音声認識でインターネット検索ができます。

image

ESPNなどのTV番組配信が統合され、これまでよりもさらに多様なビデオコンテンツへのアクセスが可能になります。

image

また6月の発表にあったように、Live TV機能も統合されて、テレビチューナはもはやいらないのでは?というほどです。

image

ダッシュボードは、画面の中央に2*4-6程度のタイルを配置し、ジャンルごとにページがあるような階層構造を持ちます。この辺はKinectの特性をよく考えた末決められてように思います。Windows Phone 7やWindows 8のMetroインターフェイスとは一味違ったものになっています。

以下はテレビ。

image

以下は、ビデオレンタル、VOD。

image

以下はゲーム。

image

以下は音楽。

image

国内での売れ行きがかんばしくなく、ライブTVなどの機能は日本投入は無いと思われます。以下のテレビサービスプロバイダの中に、特に日本向けのものは無いですね。

 

last.fmがあるのはうれしいところです。