Windows Phone 8の国内市場投入が遅れる

image

MyNavi

新製品発表会において、MicrosoftのWindows Phone 8提供が当初の予定より遅れることになると説明した。現時点で2011年冬~2012年春モデルでの提供予定機種に同OS搭載モデルは含まれておらず、少なくとも2013年後半以降の提供になるとみられる。

NTTドコモの発表にて、同社のWindows Phone 8端末の発売が、冬モデルでは登場せず、それ以降になるということが明らかになりました。また直前の日経の記事では、Microsoftから同OSの提供を当面しないという決断をしたという情報が出ていました。

発表端末中にWIndows Phoneがあるのではと、期待されて、予想記事なども書いたのですが、残念ながら、幻想であったようです。(詳細は別記事で書きます)

QAタイムに、会場にいらっしゃったつやつやさんが、果敢にも質問され、上記の情報を聞き出してくれたのですが、加藤社長の口からは意外にも、積極的に情報を提供してくださっているイメージを受けました。内容的には以下のことだったと思います。

  • 前回の発表会の時に前社長が言っていた、冬に出す検討というのが少し遅れている。
  • 日経の記事は否定せず、現時点でWP8端末を出さないのは、Microsoftとメーカーの判断によるところが大きい。
  • 法人用でWindows Phoneへの期待が大きく、Windows 8の提供と合わせて検討したい。

Windows Phoneの質問で、WIndows 8への言及が出たことからも、すでにWindows タブレットのドコモからの提供も企画されており、それに沿った展開が見込まれるという意味では、提供時期は遅れ気味だが、着実にリリースへの道が近づいている印象でした。

日経の記事のニュアンスからして、Windows Phone 8の国内リリースが絶望的というイメージになってしまいましたが、SDK提供遅れや、製造メーカー側の問題(経営的な問題を抱える、ノキア、HTC、サムスン)を考えると、今あわてて出してドタバタするよりは、海外でかなりもまれた後に日本に堂々とリリース、というシナリオは逆にウェルカムなのではないでしょうか?日経の記事を100%鵜呑みにする人はいないでしょうから、今後も今まで通り純日本製のWindows Phoneが登場することを期待しても良いと思われます。

さし当り、今月末のWindows 8, WIndows Phone 8世界リリースと、日本へのWindows 8やMicrosoft Surfaceの提供の仕方についてウォッチするので、手一杯なので、少し楽になった~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中