Windows 8でウィルス対策ソフトウェアの存亡が心配

Windows 8にウィルス対策ソフトウェアをれなきゃ、と思っていたけど、Microsoft Security Essentialsはインストールできないという情報を発見。buildでもらった端末で、わざわざライセンスを当てはめるのももったいないなと思ってどうしようかと悩んでいたところ、Windows 8のWindows Defenderがウィルス対策もしてくれると聞いて、安心しました。(どんだけ無頓着?)

これは、直接なんとかバスターとか、なんとかセキュリティという製品を出しているベンダーの経営に悪影響を及ぼす大問題で、Microsoft Surfaceがハードウェアベンダに与える影響よりも格段に大きいように思います。
ハードウェアの場合は、デザインやパーツ組み合わせのチョイスなどで、かなり好みの部分が多いため、標準品がよくても、それほど影響は無いと思うのですが、ウィルスソフトなどは、一般の客から見れば、あるか、ないか、の違いくらいしか無いわけで、これがすでにOSにバンドル、ということになると多くの人の目には、消えていった過去のアプリケーション(Netscapeとか)が思い浮かぶことでしょう。

Windows 8のMetroスタイルアプリケーションは、Windows Phoneのアプリ配信サイクルと同じように、非常に厳密なセキュリティ担保の仕組みにより、端末側はウィルス対策さえいらない状況ともいえるかもしれません。
Phoneとは違い、ネイティブ環境を許している状況から、危険度はより高いとはいえますが、これまでよりははるかにウィルス対策の必要性自体も減少すると思います(デスクトップ環境がないWindows RTでは特に)

このような状況でウィルスソフトをOSにバンドルするのは、水平分業で仲良くやっていたセキュリティソフト企業に対して悪影響を及ぼすことはあっても、メリットは無いように思います。
Microsoft Surfaceの前のポストで書いた、リファレンスデザインという議論はここでは当てはまらないと思いますので、Microsoftが、これまでのエコシステムを崩すことに、対応するようなメリットがどこにあったのか、これからわかるのでしょう。

長文失礼しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中