次世代Xbox

各所でXbox360のニューモデルの噂が飛び交っています。来年2012年のホリデーシーズンに、発売されるというものですが、Play Station 4のようなフルモデルチェンジというよりも、Microsoft TV(Xbox TV)ともいえるXbox Liteのような軽量版というイメージが見え隠れしています。

Microsoft reportedly preparing a new Xbox model for 2012, designed for Windows 8

The new Xbox 360 model would launch in time for the holiday season of 2012 and will reportedly be designed with Windows 8 in mind.

“I think the rumors are based upon leaks about modifying the current Xbox 360 to allow it to operate Windows 8,”

とあるように、Windows 8にタイアップさせて来るのは濃厚です。

コードネームLoopという名称で以前から噂背れていたものと時期的にはずれるのですが、噂の内容は一部混ざっているようです。

Loopの予想仕様は、以下のような形です。

  • 6コアCPU(メイン、AI、物理演算、サウンド、ネットワークなどの補助コア付)
  • ARMアーキテクチャ
  • DDR3 2GBメモリ
  • GPUはAMD
  • Windows 9ベース

次世代Xboxの噂再び、今度は具体的な本体スペックまで

噂:次世代Xbox・通称「Loop」はWindows 9を搭載。現行機より小さく、安価に – Kotaku.jp

Windows 8と連携した、という憶測ですが、Windows 8のXbox Live機能と連動というのが主眼と考えると、もしかすると、Xbox 360のフル機能でなく、Xbox Liveの機能のみ(ライトゲーム?)を搭載した、セットトップボックス的な軽量小型端末を出してくるのかもしれませんね。Windows 8, Windows Phone 7と同等の実行環境で、対戦などを行うというのが、狙いなのかもしれません。

それとは別に次世代端末LOOPもコアゲーマー向けに開発中というところでしょうか。

12/6になりそうなダッシュボードアップデートで、Metroデザイン投入で一気にダッシュボードのメディア端末化が進んでいくわけで、IP TV、VOD用のセットトップボックス機能主体端末が出るというのはApple TV, Google TVなどの動向(必ずしもこの辺は成功しているとは言えませんが)を見ても、十分ありそうな展開ですね。

広告

Xbox 360 秋のダッシュボードアップデート

いよいよ、今秋金曜日(25日)のXbox360秋の大アップデートが近づいてきましたが、この辺でまた異なる情報が出てきました。

Xbox 360 dashboard update goes live Dec 6

Microsoft‘s new Xbox 360 dashboard, integrating Kinect into navigation and bringing the UI in line with Windows Phone and Windows 8, will hit consoles on December 6, the company has announced.

来月に持ち越される、という情報です。まあ、それほど大きく遅れるというイメージではないですが、ベータテスト中に問題が発覚したのでしょうか?

某掲示板では、YouTubeは日本版にはないとか、Bing検索すらない、とかいろいろ書かれていますが、どれもソースは不明のようです。

Unsung Heroes – Xboc 360 の秋の大アップデートは11月25日

に書いたように、金曜日のアップデートは複数のサイトで指摘されていました。

また、はこまるぷらす+によると、新生インサイドXboxの収録が、秋葉原で24日に行われるようです。タイミング的には25日ダッシュボードアップデートというのも考えられるし、来月頭というのも同期しているといえますので、どちらになるかはちょっとわかりませんね。

【雑記】インサイドXboxは12月からリニューアル!来週11月24日に公開収録を開催です!

24日は前半と後半の2回にわたって収録が行われるそうです。観覧自由との事なので、いち早くインサイドXboxの新MCや新番組をチェックしたいという方はコトブキヤ 秋葉原館に集合です!

Windows Phone 7ユーザもこの日はコトブキヤに集まりましょう。

なお、今回アップデート後に期待されるUIの変更、サービス追加については、以下に書きました:

Unsung Heroes –Xbox 360の新しいダッシュボードはKinect対応

Unsung Heroes –Xbox360 が大幅刷新。Metroデザイン採用!

 

Xbox.comアップデート!

先週報じられたXbox.comサイトの更新が行われたようです。

マイクロソフト、「Xbox.com」を刷新へ–ソーシャル化を推進

Microsoftが近日中にゲームサイト「Xbox.com」の大規模リニューアルを計画している。ソーシャルネットワーキング機能を高めるほか、一部のエリアについては新たなユーザーインターフェース(UI)である「Metro」ベースのデザインに刷新する予定だ。

Xbox360本体のダッシュボードアップデートに備えた変更のようですが、こちらのサイトのソーシャルページにはすでにメトロUIが採用されています。といってもサイトの場合はUIというより単なるボタンのデザインではありますが、Windows Phoneユーザにとっては気分が盛り上がるところですね。

image

機能的には、これまで分散していたリソースを一か所に集めて再構成した、というイメージですが、オンラインゲームの対戦相手を見つけるための、この指とまれ機能”beacons”などが利用できるようになっています。

またこれまでXbox360コンソール側では搭載されていたVideoセクションでは、Zuneサービスをシームレスに利用できるようになって、さらに使いやすくなっています。

image

以下のように映画の解説を見たり、

image

プレビューを再生できたりします。

image

基本的にはZuneのサイトと同じような形になるようです。

今後本体のダッシュボードがアップデートされた際に、さらに新しい機能がアクティベートされる可能性はありますので、しばらく様子を見たいですね。

Textures – Dualism

先々月ロスでコンサートに行ったが見れなかったTexturesの最新アルバム。全体的にリニューアルした感じで、これまでのMeshugaa + Linkin Park的なテクノインダストリアルデス的な曲調から、脱皮し、よりストレート、かつクリーンな印象の楽曲が目立ちます。

オランダ的な透明感と叙景的な音作り、密度が濃いながら、くどくならないバッキングは健在で、攻撃性は和らぎながら、メロディ指向の私にとっては、個人的には最高傑作と思えるほどです。

Singularity

攻撃的なリフから始まりながら、スペーシーなお得意のインストパートや、これまでより歌っているボーカルパートで、さまざまな表情を見せながら展開していくさまは、もはやPain of Salvation級と言ってもいいでしょう。これまでより構成を練った曲を用意してきていますが、ソングライティングのスキルを上げてきたというより、元々その才能があったのを今出してきた、という余裕を感じます。


Sketches From A Motionless Statue

Rush的な高音リフから始まり、中盤の重低音変拍子リフ展開で、これまでにないほどの複雑な展開を見せ、最後に最初と異なるクリーンボーカルパートで爽やかな泣きメロディーで締めるという、今後のスタンダードになりそうな構成。

<

デス系のバンドが軟化させていく段階で、物足りなさを感じるのが常ですが、このバンドについては、元々期待がそちらにあるので、非常に上手に移行しているという印象です。

Windows Phone 7でGoogleを使いこなす方法

これまで、GoogleをWindows Phone 7で利用するには、Googleオフィシャルの検索アプリを使って、通常のWeb検索のみ行えました。またサードパーティーのアプリでGoogle Mapsがそれほど不自由なく使えています。Google+もいち早く対応してましたし、gmailにいたってはPeopleハブやカレンダーに完全統合されておりますので、Google一本の人も、Windows Phoneでそれなりに不自由なく生活できます。

しかし、いかんせんAndroidやiPhoneと比べると、音声認識等の先進機能が搭載されていないので、オフィシャルアプリの拡充を行ってもらいたいところです。そんな中、Googleのページを少し見てみると以下のようなページがありました。

Google を Windows Phone 7 のスタート画面に追加する

Google を Windows Phone 7 のスタート画面に追加する

お使いの Windows Phone 7 端末のスタート画面に Google.com を追加するには、次の手順を実行します:

  1. Internet Explorer を起動して Google.com にアクセスします。
  2. [その他](…)をタップして、[スタート画面に追加] をタップします。

これでスタート画面よりすばやく Google にアクセスできます。Windows Phone での Google の使い方の詳細については、こちらをご覧ください。

その他の情報は、御多分にもれず、Windows Mobileとごっちゃになっているようですが、上記ページではきっちりとPIN to Startのやり方が記載されています。

Google検索をWindows Phone 7で行うことに、後ろめたさを感じる方も多いと思いますが、そんなの関係ないです、自分の好きなように極限までカスタマイズできるのは、Androidと一緒です。