Windows 8のロードマップは?

「Windows 8」の発売は2012年秋か–マイクロソフト幹部が示唆 – CNET Japan

、「われわれは2011年に開発者会議を開くことは明らかにした。通常はその後ベータ段階に入って、12カ月後に市場に出すことになる。そのように仮定しておこう」

2011年9月のBUILDカンファレンスに続いて、ベータ版リリース、そして2012年秋に正式版リリースとなりそうです。

Windows8 発売時期…:Santodomingo

2011年2月半ばに米Dellのロードマップがリークしたことで、Windows 8タブレットと見られる2つの製品(コード名:PejuおよびRosemount)がそれぞれ2012年の1月と第2四半期にリリースされるという臆測が強まった。

Dellのマシンがリリース版の前に出ることは考えにくいですが、Windows 8のタブレット版(HyperVなし=レガシーなし)が早々にリリースされる、というのはもしかするとあるかもしれませんね。

広告

Windows Phone 7 Gamesハブの新機能

Microsoft、Windows Phone 7「Mango」のゲーム関連新機能を紹介 (ITmedia News) – Yahoo!ニュース

Xbox Liveのユーザー同士で、PC、Xbox 360のコンソール、Windows Phone 7を問わずメッセージのやりとりができる。メッセージ内に表情を表す絵文字が含まれていると、送信者のアバターがその絵文字に合った表情やしぐさを示す。

Live Messengerとは違う、インスタントメッセンジャーが組み込まれるということなのでしょうか?Lyncベースの技術なのかな?

Silverlightはやっぱり死んでない(Windows8)

Silverlight isn’t dead, it’s the heart of Windows Phone, Windows 8 and Xbox | WinRumors

Microsoft previously revealed in November that it was planning to bring Silverlight to the Xbox as part of the next wave. The company has been suspiciously quiet about its Silverlight Xbox plans ever since. WinRumors has spoken to several company insiders who have confirmed that Microsoft is forking code from the Windows Phone 7 Silverlight stack directly into the Xbox dashboard.

SilverlightがHTML5によってRIA,ライトアプリケーションプラットフォームから引きずり降ろされるのではないか、というSilverlight/.NET系開発者の危惧は杞憂に終わったようです。
SilverlightをWindows Phone 7の主アプリケーションプラットフォームにし、その次のWindows8/Windows Phone 8ではもうやめてしまう、というのはあまり考えにくいですから、マイクロソフトの発表に振り回されただけのような気もします。

前回のE3でのXboxコンソールの新版ではApplicationというハブが用意され、これがどのようなプラットフォームで開発されるのかが気になりましたが、どうやらSilverlightということで良さそうです。
しかもXbox360ではWindows Phone 7のSilverlightスタックをそのまま乗せるという、移植性の高い構成になる噂もあります。

Microsoft threw its weight behind HTML5 in Windows 8 by revealing that its new Start Screen will be powered by HTML5 and JavaScript based web apps. Microsoft failed to mention Silverlight but this is an important part of the Windows 8 Start Screen. The software giant is readying a new application model codenamed “Jupiter” that will allow developers to create Silverlight based applications, deployed as AppX packages (.appx). The packages will be part of a new Windows application store, pre-installed with Windows 8. Windows Phone 7 applications will port across to AppX with little effort from developers.

HTML5で構成されるというWindows 8スタートスクリーンですが、アプリケーションの新パッケージングであるAppXについてはXAPの拡張のような形で、Silverlightがコアになる可能性が高いですが、すでにアプリケーションストアがAppXにより配布されるとなると、スタートスクリーンから起動されるアプリケーションはSilverlightベースという成り行きになります。
それとは別にAppXはHTML5でも開発できるとか、スタートスクリーン上のガジェットのみHTML5で開発できるとか、そういうことなのかもしれませんね。

Windows 8にもXbox Live

Microsoft reveals Xbox LIVE will be built into Windows 8 | WinRumors

Live has been successful on the Windows Phone. Live will be built into the PC. It will be the service where you get your entertainment. We were talking about it — you will not just see consoles and handhelds at this show next year, this show’s going to morph into other devices.

Windows 7にはすでにGame フォルダがあり、ゲームアプリだけは特別にランチャーが用意されていますし、WebベースでXbox Liveを試すことはできますから、それらを合わせて統合されるのは自然な成り行きですが、Xbox LiveサービスがWindows 8シェルに統合されるとすれば、そのMetroタイプUIと相まって、以下のような進展が予想されます。

・Xbox Live アバターやゲームタグのWindowsアカウントへの統合。
 これはWindows Liveアカウントベースで統合されてはいますが、例えば、ログインパネルにXboxアバターを登場させたりとか、効果的なシナジーが予想されます。

・KinectのWIndows8ユーザーいたーフェイスへの統合
 そもそもMetroインターフェイスはKinectで使うのにちょうどよいサイズのインターフェイスであり、Windows 8に統合されるのは、ほぼ自明とも言っていいでしょう。MS謹製のKinect SDK for Windowsも出てきたわけで、デスクトップに向かってMinority Report的な操作をしたいという層にとっては、キラーとなるでしょう。

・Windows 8へのZune の統合
 現在は独立したアプリとなっており、WIndows Media Playerとの役割分担が微妙ですが、Windows 8ではZuneを主たるメディア体験環境としてくるのも、やはりXbox,Windows Phone 7の統合の様子を見れば自明でしょう。Xbox Live, Zuneをエンターテイメントサービス/テクノロジーの一大拠点とすることで、さらにメディア配信やエンターテイメントソーシャルサービスに発展させたいと思っているのでしょうか?

Windows Phone 7 画面スクリーンキャプチャー

How about recording your Windows Phone screen on your PC without any wires? Yes, its possible now through a home brew app. XDA developer forum user fiinix have optimized the code of some previous project to develop this app. You need a developer unlocked device and an exe runnning on your PC. Hit the source link to download the same. Find one more video after the break.

WIndows Phone 7の画面をHomebrewアプリでビデオで保存できるようになりました。
リアルタイムに画面に映し出していますが、これはどういう仕組みなんでしょうね?

Windows 8はHyper-V搭載

Windows 8にはHyper-Vが搭載されるようです。

機能別アプリストア、SMS、Hyper-V搭載 – Windows 8の新機能を探る | パソコン | マイコミジャーナル

Windows XP Mode同様、今後レガシーサポートはバーチャルマシン(VM)に依存する可能性があることだ

レガシーサポートとしてXPMode的なものが搭載されるということは、Windows 8はただのシェル変更にとどまらない大規模なアーキテクチャの変更があるということなのでしょうか?

もしレガシーサポートがハイパーバイザを介して行われるのであれば、「過去の資産を利用したいユーザーは、ハイパーバイザを使って過去の環境もインストールしたうえでファットなOS環境で利用」し、ARMマシンやタブレットユーザー、Windows 8に合わせて軽量化された新しいモバイル環境を楽しみたいユーザーであれば「スリムな素のWindows 8のみの環境を利用」ということになる。実際、ARMでは32bitの実行環境しかないほか、おそらくHyper-Vは動作しない。これは筆者の予想も含まれるが、おそらくWindows 8を無理なく利用するために適した形態ではないだろうか。

この記事独特の読みのようですが、重たいUIや高度な機能はすべてHyper-V上で実現し、ライトユーザがARMマシンで使えるような最低限の軽い環境で動く、新Windowsカーネルを主体に持ってくる、という形になるのでしょうか?
MinWinが現実のものになって、レガシーWindowsはMinWinがホストするという形になるのかもしれませんね。

MinWinとは ミンウィン: – IT用語辞典バイナリ

MinWinは、WindowsがOSとしてのさまざまなレイヤーで多大なリソースを要する事を克服し、より小さく効率的なOSの実現を図るものである。グラフィックの関連をはじめとした多くのサブシステムを省き、OSに含まれるファイル数を大幅に削減することで小型化を図る。これによって、コンピュータリソースの乏しい組み込み機器などでも同じMinWinをベースとしたシステムを構築可能になると期待されている。

こうなってくると、Windows Phone 8が Windows 8と同じカーネルに乗るというのも、非現実的では無くなってきますね。

津波観測ブイ

GPS津波ブイ観測網展開の提案,東日本大震災 (東北地方太平洋沖地震)

迅速かつ高精度な津波緊急警報を実現するための
リアルタイムGPS津波ブイネットワークの展開の提案

地震大国日本ですから、このくらいのものはすでに設置されていると思ったら、まだ無いんですね。もっとも今回の地震では震源が近すぎて警報が鳴っても逃げられない状況が多かったようですが。