CUDA

NVidiaのGPGPU(汎用用途向けGPU)ライブラリ/SDK。
いろいろ試していますが、忙しくてなかなか。
基本はCでかけるのですが、C++の記法に制限があったり、コンパイラが独自であったり、サーバ/クライアント型の2元管理になったりと、そうもろてをあげて喜べる感じでもない模様。
それでも、これ以前は無理やりデータをテクスチャに見立てて入れたりと、大変苦労があったようで、そういう向きには夢のような環境かもしれませんね。

実装にはプロセッサの構造と並列計算の基礎知識が必要で、単純なマルチスレッドプログラミングとは勝手が違うようです。
ドキュメントに簡単な行列乗算の例があるのですが、これはわかりやすいです。
味噌はブロックと呼ばれる単位に2次元のデータを分割するところで、ある程度自動的に配分してくれますが、ブロック(だったかな?)サイズ等は自分で決めないといけないみたいです。
また、複数のプロセッサが同時に同じブロックにアクセスしないようなスケジューリングも必要なようで、いよいよ並列プログラミング的センスが必要そう。

Nvidia公式
MyCOM解説

8800シリーズは4万円そこそこで買えますね。
ちなみに8600/8500シリーズはまだサポートしていません。


icon
icon

そんなことよりも、早くCUDAを使ったDX10バリバリのゲームがみてみたいですね。
PhysXの立場は?

ASUS PCI PhysX P1

ATIも似たようなの出しそうですね。
こっちはプロセッサ数320!


icon
icon

おめでとう!

いやー、最高の結婚式でした。天気も祝福しているかのようでしたね!
バンド演奏、マジック他、たくさんの見せ場があって、楽しめました。
さぞかし準備が大変だったでしょうけど、お二人の
おもてなし精神がひしひしと伝わって来ました。

あ、自作のビデオもう一回見たいのでよろしくお願いします!
TAKUIのビデオと見比べたい。

結婚式を終えて。。。

Sun Caged – Artemisia

アルテミシア

オランダ随一のプログレッシブメタルバンドSun Cagedの待望の2枚目。なかなかモダンなアレンジですっきり聴かせるタイプのProgPowerMetalですが、サンプルを聞く限りは前作より落ち着いた感じがします。
メロディが少し後退した感もあるのが残念ですが、プログレッシブ度はあがっているように思います。SymphonyXっぽいネオクラシカル系の展開が目立つのは、ちょっと亜流ぽくなっていただけないのですが、決してマンネリというほどの問題ではありません。
ヨーロッパを代表するプログレッシブメタルバンド、特にDream Theater系のギターオリエンティッド、アバンギャルド Prog Metal(?)では随一ではないでしょうか?
フォロワーすれすれな点もなきにしもあらずですが、そもそもDTだって個別の要素はコピーですから。

サンプル

Sonata Arctica – Unia

Unia

Burrn!のレビューでは80点代が多かったようですが、個人的には青っぽさが抜けた分と少しprogressiveになった点、相変わらずメロディは冴えているという点で、好みに近づいた感が強いです。ミドルテンポ曲が多くなったわけですが、ありきたりのバラードばかりというわけではなく、一癖ある曲が並んでいます。
スピードを求める向きにはだめかもしれませんが、決してこれまでの魅力を捨てたわけではないので、意外とヒットするんじゃないかな?と思います。
次アルバムではさらにプログレッシブになってもいいぞ!

サンプルが聞けるサイト

PersonalBrain 4.0

Personal Brain

以前2.0のころから使っていた、ブックマーク/文書管理ツールのPersonal Brainの新版が出るみたいですね。6/5にWebイベントをやるみたい。
Mind Mapがもてはやされているけど、実用に割り切ったPersonal Brainの機能はなかなかでした。グラフ構造は下手するとすぐにわけがわからなくなるので、注意が必要ですが、url,共有フォルダ、Outlookなど何でもノードにできるし、動きが格好よいしお気に入り代わりに結構重宝しましたが、いかんせん1000もノードが増えると遅くなる。。。

* Expanded Thought Views
* Advanced Search
* Zoomable Icons and Themes
* HTML Export
* Multiple Attachments per Thought
* And More!

などが増えるらしいけど、Expanded Thought Viewsがどんなものか早くみてみたいですね。Beta版は多分無料でダウンロードだと思います。
決定版の文書管理ソフトが無い中、細々とがんばってるこの会社注目ですね。